生きていく

頑張って生きてます

過去について

過去について触れたいと思います

過去の記憶というのは断片的むしろ昔の思い出話してっていわれて

面白い話できる人ってそうはいませんよね

何故なら断片的に覚えてるからです

そりゃそうですよね

過去の記憶を完全に覚えてたら30 40 50で自殺すると思います

そもそも生きる気力がなくなるでしょう

だから人は紙に残すのです

紙に残して人から人へと渡っていくのです

今はインターネットがありますが根本的な部分は変わりません

 

そうだから紙に書いてないこと以外は断片的な記憶なのでこんなことがあったんだーって人はちょっと作り話をします

私もそうです

過去に机の中に豚肉を入れてたら蠅がすごい集まった

と、これは本当の話なんですが

7,8匹集まったよと

これが作り話です

完璧な人間なんていません

当然完璧な脳を持ってる人もいないのです

当然完璧な感情を持ってる人もいないのです

新聞でちらっと読んだのですが道徳の授業がすごい減らされるそうです

逆にインターネットの勉強が盛んになるそうです

ってことはどんどん面白い発明をしていこう

そして道徳の部分は自主的にやっていこう

と政策しているのですかね

他の国は道徳の授業があるかわかりませんが私は道徳の授業で覚えてるのはほとんどありません

でも道徳のほのぼのとした雰囲気が好きでした

だからある意味個性なのかもしれませんねその人の

当然かーっとなったら殴る人もいます

悲しくなったら泣きます

でも感情がほとんどない人もいるのです

だから十人十色なんです

宗教も自由です

ただ私が一つ言えるのは人権は守りましょう

不当な入院させられてただただ悲しい半年間を過ごしたので

でもその半年間もあっという間なんですよね今思えば

断片的なのです

不思議です本当に

以上tthhrrでした